BABナビ(バブナビ)|会社の辞め方

会社の辞め方

会社を辞める際の2つのポイント
1. 退職交渉
2. 退職届の書き方

1. 退職交渉についてのポイント

転職が決まり、転職先企業から「○月○日に入社してほしい」というように、入社日が指定される場合があります。多くの場合、求職者は、転職先が指定した日付で入社できるように退職願を提出し退職交渉を行います。

しかし、現職の企業側としても、新たな人材確保のための期間や、後任者への引き継ぎに必要な期間を設定する都合上、求職者が希望した退職日を受理できないこともあります。後任者の定着化や、業務の安定稼働を意識して退職手続きを行わない場合、逆に退職交渉において現職企業側から指摘されることもあります。現職企業のルールに従いつつ、余裕あるスケジュールで話し合いをしていくことが重要です。

2. 退職願の書き方

退職願は基本的に自己都合での退職を願い出るときに提出します。
退職願の書き方は決められたルールのようなものはなく、下記の記載があれば退職願は法的に書類として有効なものとなります。

・宛名書き
・退職を希望する旨
・日付
・自分の署名
・印鑑

ただ、退職願の書き方は定型化されたビジネスマナーがありますので、その様式に沿って記載するのが一般的となっています。依願退職の場合は、慣例的に退職理由は一身上の都合と書くことに多いです。企業であれば、宛名は社長とするのが慣例です。提出先は職場の人事権のある上長へ提出するのが一般的です。

法的には退職を申し出て2週間で退職することができますが、多くの企業は退職の1ヶ月前と社内規定を定めており、退職希望日の1ヶ月前には退職を申し出る必要があります。慰留を求められたり、諸事情で書類の受理が遅れる場合もあるため、必ず期日までに書類提出することはもちろん、提出した日付を記載し、書類提出の事実確認が後でとれるようにしておくことも重要です。