BABナビ(バブナビ)|報連相(ホウ・レン・ソウ)〜報告編〜

報連相(ホウ・レン・ソウ)〜報告編〜

報・連・相(ホウ・レン・ソウ)
報告(ホウ)、連絡(レン)、相談(ソウ)の頭文字を取った基礎的なビジネススキルです。

報告(ホウ)を行う上で気を付けるポイントをご紹介します。


1. 報告のポイント

報告の原則は「素早く簡潔に」行うことです。
上司に、自分の作業状況を説明する際、曖昧な表現では、具体的な作業の進み具合がわかりません。正確な情報提供をしてください。

2. 報告の方法

報告内容の事前整理がとても重要になります。
整理には「5W2H」の観点を用いると、必要な事項だけを抜け漏れなく報告できます。
When(いつ)
Where(どこで)
Who(だれが)
What(何を)
How(どのように)
How Much(どのくらい)

3. 報告のタイミング

タイミングをつくるコツは「用件にかかる所要時間を予め示す」ことです。
「○○についてご報告がありますが、今△△分ほどよろしいでしょうか?」と聞いてみます。「素早く簡潔に」を意識し、「5W2H」を用いて報告を行う場合、実際にかかる報告時間は、ほとんどの場合は1〜2分程度で済みます。

4. トラブルの時の報告

悪い内容こそ、最優先で報告します。自分でなんとかしようと抱え込んだままでいたら、事態が悪化してしまったというのは最悪のパターンです。
トラブルを防ぐためのコツ
@経過・中間・結果の3種類の報告を習慣づける。
A早めの報告
B主観的な意見や不確かなことを伝えない
C早く伝わる手段で行う(直接会う、電話など)

報告・連絡・相談すべて相手がいることです。相手にわかりやすいようにするのが大切です。