BABナビ(バブナビ)|報連相(ホウ・レン・ソウ)〜連絡編〜

報連相(ホウ・レン・ソウ)〜連絡編〜

報・連・相(ホウ・レン・ソウ)
報告(ホウ)、連絡(レン)、相談(ソウ)の頭文字を取った基礎的なビジネススキルです。

連絡(レン)を行う上で気を付けるポイントをご紹介します。

1. 連絡のポイント

連絡の原則は、他者から他者へ必要事項を正確に伝えることです。そのため伝達事項を正しく把握しなくてはいけません。ここでも5W2Hの原則に則り、各事項を確認していけば情報の取りこぼしを防ぐことができます。

2. 連絡のための3原則

連絡を行うために必要な行動三原則が「確認」、「復唱」、「記録」です。
連絡を受けた時は、その場で必ず復唱して相手に確認し、内容の記録を習慣づけるだけで、大抵の連絡ミスは防げるようになります。

3. 連絡の伝達方法

連絡を伝える方法は、電話、メール、FAX、口頭、メモなど様々ですが、内容の緊急度によって適切な方法を選ぶことが重要です。緊急度の高いものほど直接の対話で伝えることが基本です。

報告・連絡・相談すべて相手がいることです。相手にわかりやすいようにするのが大切です。