BABナビ(バブナビ)|報連相(ホウ・レン・ソウ)〜相談編〜

報連相(ホウ・レン・ソウ)〜相談編〜

報・連・相(ホウ・レン・ソウ)
報告(ホウ)、連絡(レン)、相談(ソウ)の頭文字を取った基礎的なビジネススキルです。

相談(ソウ)を行う上で気を付けるポイントをご紹介します。

1. 相談のポイント

仕事上の相談は、次のような2つの目的分けられます。
「上司や先輩の判断を仰ぐ」と「不明な点を教えてもらう」
難しい状況に陥った際、自分の勝手な判断や思い込みで作業を進めるのではなく、上長や先輩に相談し、その助言に基づいて行動する方が良い結果につながることが多いです。

2. 相談時の注意事項

・トラブルに関する相談はすぐに行う。
・必要な情報を簡潔に伝え、言い訳や不確定要素はいれない。
・同じことは何度も相談しない。

3. 相談の手順

@要件を伝える
伝えたい事柄が複数なら、案件の数を伝えましょう。
⇒○○の件についてご相談したいことが2件あります

A相談内容を明確に伝える
遠まわしな説明は省き、意見を求めたいポイントのみ伝えましょう。
⇒1点目は○○についてです。××の部分が分からないのですが。

B自分の意見を加え、その認識が正しいかをYes/Noで確認する
自分の考えを伝え、その認識で作業を進めて問題ないかを確認することで、相談された側は、一旦Yes/Noだけで回答が可能になり、それ以上時間を使わせずに済みます。
⇒私としてはこのように進めようと考えていますが、いかがでしょうか?

報告・連絡・相談すべて相手がいることです。相手にわかりやすいようにするのが大切です。