BABナビ(バブナビ)|就職・転職成功者の声vol.13(知的障害4度)

〜ワタミ株式会社入社〜

『大切なのは諦めない心。店長の一言が仕事を続ける原動力になりました』

21歳/男性
障害:知的障害4度

障害について教えてください。

軽度の知的障害です。

D&Iを知ったきっかけを教えてください。

 障害者就労支援センターの方からワタミ株式会社(以下ワタミ)での飲食補助業務の職業訓練を紹介していただいたことがきっかけです。
 飲食関係への就職のことで相談をした際、施設の方からD&Iで行っているワタミの外食店舗の職業訓練のお話を聞き、私でも行える仕事なのではないか、と紹介していただきました。

ご利用された職業訓練はいかがでしたか。

 最初は、とても緊張しました。しかし、訓練に通っているうちに徐々に慣れてきて、ワタミへの就職も頑張れる気持ちに変わっていきました。
 訓練を通じて、仕事を行う上で自分が何を改善するべきか、何の業務が遅かった原因なのか等に、気づくことができたことが、大変役に立ちました。
 開始から1度も休まずに参加することができました。
 訓練を受けていた他の障害者の方々と、お互いに協力をしながら一緒に働けたことが一番嬉しかったことです。私が今働いている店舗では、同じ時期に職業訓練を受けていた元訓練生がいます。現在も2人でコミュニケーションをとりながら仕事をしています。

ワタミ株式会社を志望した理由は何ですか?

 「ここであれば、すぐに辞めたりしないで頑張れる!」と思うことが出来たからです。
 以前は事務の仕事を行っていましたが、自分に向いているのは動く仕事なのではないか、と実感しました。以前勤めていた会社では、事務職でパソコンや書類整理の業務で席に座っていることが多かったのですが、集中力が切れてしまい座っていることに耐え切れず、仕事の最中に寝てしまうということもありました。そのため、この状況のまま働いていたら、みんなに迷惑をかけてしまうと思い、自己都合で辞めることにしました。

 今、身体を動かす仕事でしっかり働くことができ、自分が仕事をすることで、店長にとっても、周りの従業員の方々にとっても役に立てることが出来て非常に嬉しく思っています。
 現在は、勤務をしてから2年2か月になります。

働いていて辛かった経験はありましたか?また、どのように乗り越えましたか?

 辛かったことは、一度会社を休んでしまったことがあり、当時の店長に怒られてしまったことです。
 しかし、店長のある一言でめげずに頑張ることが出来ました。店長は私に、「仕事はどれもつまらなくない、楽しいものだ」という言葉をかけてくれました。店長がその時にその言葉をかけてくれなかったら、私はずっと投げやりな状態だったと思います。たった一言ですがその一言が私を変えてくれ、今があると思っています。当時の店長には本当に感謝しています。
 休んだことで採用部の吉田さんにも相談にのっていただき、声をかけていただきました。

■□ 採用部 吉田さんからのワンポイント □■
 優しく付き合いがよい方なので、一般就労をしないで作業所で働いている友達によく誘われてしまい、誘われたら断れない性格もあり、遊びに行ってしまって、仕事を休んでしまうこともありましたよね。
 このような失敗もあり、このままではいけないと思い、仕事を一旦辞め就職活動をしていましたが、あまり先の事を考えずに辞めてしまったこともあり、半年ほど仕事がないという状態が辛かったですよね。
 職業訓練に参加して、身体を動かす仕事が楽しく、この仕事だったら自分に向いていると実感して自信が持て、仲間と協力して働くことが楽しいとおっしゃっていました。
 実際に就職にあたって、前職ですぐに辞めてしまったり、諦めてしまって休んでしまったりしたことについては、自身でもいけないと思っていて、面接では何とか頑張っていきたい、自分を変えたいと思いますという意欲を聞き、それでは一緒に働きましょうということで採用しました。
 しかし、就職後もすぐ変われるわけではなく、友達に誘われ、楽しいことがあるとすぐに優先してしまうこともあり仕事を休んでしまったりしました。店長が働くことの大切さを伝えてくれたことによって、頑張ろうと立ち直り、それ以降、遅刻や欠勤なく働いています。

現在の仕事内容について教えてください。

 仕事内容は、お座敷のテーブルや椅子や床などを拭く仕事、トイレや掃き掃除等の清掃業務、また、お通しの盛り付け等です。週5日、昼の12時に出勤し4時間働いています。

現在の仕事のやりがいを教えてください。

 仕事をしていて嬉しかったことは、作業のスピードが上がり、実際に店長にもテキパキ行動する所を褒められることです。この作業を行ったら、次にこの作業を行う、というように順序良く業務を行うことに気を付けています。
 他にも店長は私のことを見ていてくれ、褒めてくれます。
 職業訓練から一緒に働いているKさんが、月に1回通院に行く関係で、私が店舗に1人で働くことになってしまうことがあるのですが、「大丈夫?」や「頑張っているね」と声をかけてくれます。また、同じ職場で働いている従業員のかたも自分の事を心配してくれます。

今後チャレンジしたいことは何ですか。

 チャレンジしたいことは接客です。私にとっては難しいことかもしれませんが、お料理を運ぶだけではなく、本格的な接客(注文を取る、ご案内や商品をおすすめする等のこと)をやってみたいなと思っています。
 人とのコミュニケーションがうまくとれていないので、初めての方だと緊張してしまい、何を話したらいいのか、伝えたらいいのか、わからなくなってしまう事が多いです。コミュニケーションがうまく取れるように、接客を目標に頑張っています。

就職・転職活動している方へ一言コメントお願いします!

 何かあってもすぐにめげず、諦めないことが大切です。諦めない心を持って取り組んでほしいと思います。

//INTERVIEW 2014.10.9//

■ワタミの障害者採用求人はこちら!
【http://bab-navi.com/companies/detail/48】

■企業インタビューはこちら!
【http://bab-navi.com/ivs/detail/15】

編集者の一言

 2年間以上継続して勤務していらっしゃいます。

 店長や採用部の吉田さんの存在もあり、彼は無断欠勤をしてしまうことを改め、これより欠勤はしないようになりました。
 これまでの行動と気持ちを変えるのは簡単なことではないと思いますが、意識を変え現在も続けている継続性は素晴らしいと思いました。

 実際の店舗でのお仕事の様子を見せていただきました。
 座敷のイスを隅々まで拭く姿は、職業訓練の時と変わらず一生懸命。
 現在は、注文受け取る・ご案内などを行う接客を目標に働かれています。
 積極的なステップアップ、インタビューでもお話していただいた、諦めない気持ちを持ってこれからも、頑張ってくださいね。(広瀬)


インタビュー一覧へ