BABナビ(バブナビ)|就職・転職成功者の声vol.8(視覚障害)

〜株式会社ヤマノホールディングス入社〜

『働くうえでは、障害・能力は等身大を企業にアピールしましょう』

K.Yさん/20代後半/女性
障害:身体障害2級 視覚障害

障害について教えてください。

 先天性で目が不自由でしたが、盲学校ではなく普通の学校に通っていました。
 数年前の当時は、障害者として生活するのは今よりも大変だという家族の意見もあったためです。
 しかし、就職活動を行う上でやはり必要だと思い、大学3年生の頃、障害者手帳を申請し、取得しました。
 その頃は今よりも見えており、視覚障害2級になったのはついこの間の出来事です。

D&Iを知ったきっかけを教えてください。

 全盲の友人にD&Iを障害者の方の教育関係で紹介されたのがきっかけです。
 昔より小学生や中学生の福祉関係のボランティアなどを行っていました。高校でも福祉コースを専攻して、障害者の方に対しても勉強を教えるボランティアをしていましたので、D&Iの学習塾の講師として関心を持ったのが初めです。
 その件で知り合いましたが、自分が就職の時期になると就職活動を手伝っていただきました。

転職活動の経緯を教えてください。

 初めの会社で2年半働いた後、視覚障害者向けのパソコンの訓練のため、職業リハビリセンターで1年間勉強しようと思い通い始めました。
 会社を辞める時には、パソコンの画面を見ながらマウスを使うのが辛くなってしまいました。
 パソコンが出来ないと仕事ができないと思っていたのですが、盲学校ではなく、普通の学校出身のため、視覚障害者の方々がパソコンを使う際どのように使用したらいいのかを知らなかったのです。

 4ヶ月程通ったころ、面接対策や雰囲気を知るために参加したリクルート・カフェで採用が比較的スムーズに決まってしまいました。

株式会社ヤマノホールディングスを志望した理由は何ですか?

 働く上での条件や待遇面がよかったからです。今まで通っていたところより通いやすく、正社員で雇用していただけること、時間も短くずらしていただける等の対応をしていただけました。
 お仕事の内容も、事務仕事もしてきたのでテキストがあれば自分でも担えると思ったためです。

現在の仕事内容について教えてください。

 請求書の処理を行っています。15日から月末にかけてはとてもボリュームがあります。また、稟議書の受付やデータ入力を行うお仕事などもしています。

今後チャレンジしたいことは何ですか。

 小さい頃から福祉や教育のボランティアに関わってきたので、障害者雇用関係や障害者の方の新人教育にはいつか携われたらいいなと思っています。

転職活動している方へ一言コメントお願いします!

 自分の障害を受け入れ理解して、出来ないこともできますというのではなく、出来ることと出来ないこと、工夫すれば出来ること、また、どのような工夫をしたら出来るのかを区別した上で企業様に対してアピールすることが最も大切だと思っています。

 前職が障害者の方のみの部署だったのですが、出来ますと頑張っても苦手な方だと長時間かかってしまいます。
例えば、得意な人が行えば30分でできる仕事を、2時間、3時間かかってしまう場合があります。
 出来ないことは出来ない、時間かかることは自分で理解したうえでアピールした方が企業様にも理解していただきながら働けると思っています。

//INTERVIEW 2014.9.29//

■株式会社ヤマノホールディングスの障害者採用求人はこちら!
【http://bab-navi.com/companies/detail/7】

■企業インタビューはこちら!
【http://bab-navi.com/ivs/detail/7】

編集者の一言

 職業リハビリセンターで訓練中に参加した採用イベントでスムーズに転職が決まった、Kさん。

 「今後チャレンジしたいことは何ですか?」という質問で、会社の方にはまだ言ったことがないのですが・・・
いつか会社での障害者雇用関係、また、今後入ってくる障害者の社員の教育の部分に携わっていきたいということを教えてくださいました。

 これまで行ってきた福祉関係のボランティアの経験や教育分野への関心を伸ばして、これをきっかけに、担当できる日がくると良いですよね!
 私も応援しています。(広瀬)