BABナビ(バブナビ)|就職・転職成功者の声vol.7(上肢障害 腕神経叢麻痺)

〜株式会社ヤマノホールディングス入社〜

『自分を受け入れ、必要してくれる企業との出会いで転職することができました』

物井 智之 さん/45歳/男性
障害:身体障害2級 上肢障害 腕神経叢麻痺 (わんしんけいそうまひ)

障害について教えてください。

 17歳頃にオートバイの事故で右腕の神経が抜けてしまい、右腕を動かすことが出来なくなってしまいました。

D&Iを知ったきっかけを教えてください。

 姉に障害者の就職・転職支援をしている会社があるということで紹介されたのがきっかけです。

リクルートカフェはいかがでしたか?

 リクルートカフェでは、企業様に向けて自己PRもする機会もあり、それまで就職活動の経験がなかったのでとても緊張しました。
 就職活動はリクルートカフェのみで行い、3回程度参加した中でヤマノホールディングスに出会いました。
 履歴書や職務経歴書の書き方も戸惑ったのですが、自己PRなどの文章もD&Iの方々に手伝っていただきながらまとめました。

株式会社ヤマノホールディングスを志望した理由は何ですか?

 採用していただき、必要とされているということが一番の大きな理由です。
 自分は特別できるということがなかったので、受け入れてくれる会社ならば入社したいと思っていました。
 面接の際、パソコンをやりたくないという希望まで伝えたのですが、それでも採用していただき感謝しています。

現在の仕事内容について教えてください。

 着物アパレル事業と和装宝飾事業の2部署にまたがって仕事をしています。
 着物アパレル事業ではファックスやファイリング等の作業を、和装宝飾事業では、商品の検品の作業をしています。
もともと服が好きなこともあり、修理品の時計等をこのような商品があるのかとみながら働けることが、自分としては楽しみながら仕事を行うことができています。

今、努力していることはありますか。また、今後チャレンジしたいことは何ですか?

 片手で仕事をするため作業が遅いですが、なるべく周りの方々に迷惑をかけずにスムーズに業務ができるように心がけています。
 また、遅刻・欠勤せずしっかり出勤することは基本で大事にしています。

 チャレンジしたいことは、パソコンです。今は機会がないですが、今の時代はパソコンスキルが必要になってきますし、今後仕事上で必要になってくるかもしれないので、出来るようにはなりたいと思っています。

働く環境はいかがですか?

 「どうしましたか?」とすぐに声かけてくれ、困っているときに気づいてくれて聞いてくれる人もいて、自然に働ける環境です。
 例えば、重い荷物を皆が持っている時に自分も持たなければいけないかなと思うこともあるのですが、「もたないでー!」とはっきり言って下さるような場面で親切さを感じています。

転職活動している方へ一言コメントお願いします!

 なるようにしか人生はならないと思っています。
 皆さんは、色々な資格を持っていて素晴らしいと思っていましたが、自分は特別なスキルとしてお伝えできるものを何も持っていませんでした。

//INTERVIEW 2014.9.29//

■株式会社ヤマノホールディングスの障害者採用求人はこちら!
【http://bab-navi.com/companies/detail/7】

■企業インタビューはこちら!
【http://bab-navi.com/ivs/detail/7】

編集者の一言

 転職活動の時、(転職の担当していた)D&IのKさんには、転職活動の何から何までお世話になってましたよと語る物井さん。

 周りにいた転職を希望する障害者の方と比べ、特にスキルや資格など有利なものを持っていなかったので、自分を受け入れてくれるところがあればぜひ働きたいという想いで応募していたといいます。

 インタビュー中は、終始和やかな笑顔!
 その和やかな雰囲気と人柄の良さに、社内で一緒に働いていたら楽しそうだなという印象を与えられました。(広瀬)