BABナビ(バブナビ)|就職・転職成功者の声vol.4(内部障害)

〜パレクセル・インターナショナル株式会社 入社〜

『自身も友人も助けられた医療関係の仕事に。難しい専門用語も事前に調べてから面接に臨みました』

20代/女性
障害:身体障害1級 内部障害(心臓)

障がいについて教えてください。

 心臓に障がいがあり、ペースメーカーをつけています。
 中学2年生の時から、歩くのが辛い、視界が真っ白になって意識が飛ぶ、といった症状が出始めていました。中学3年生の4月に視界が真っ白になり倒れ、救急車で搬送された病院で、「房室ブロック」と診断されました。心臓に先天的な病気がなく、身体も健康だったので、診断結果に戸惑いました。
 手術を受け、現在では健常者の方とあまり変わりのない日常生活を送っております。磁場の強い場所へ行くことや、胸への強い衝撃を受けるような動作は避け、過度の運動をしないように気を付けています。

D&Iを知ったきっかけを教えてください。

 就職活動でハローワークに行き、「障がいをお持ちの方の職業訓練を受けてみては」とアドバイスを受け、受けてみたのがきっかけです。どのように働きたいかなど具体的に考えていない状況でしたが、どの企業で働くとしてもパソコンの技術は必要であると思い、パソコンの職業訓練を受けました。

職業訓練はいかがでしたか?

 とても楽しかったです。トレーナーの方のお話しが分かりやすく、丁寧に教えていただきました。また、少人数で集中的に教えていただける時間も多く、自分のできることが増えたことが嬉しかったです。例えば、"Excelでこんな機能があったんだ"などと初めて知り、新しいスキルを身に付けながら楽しく学ぶことが出来ました。
 また、面接練習や履歴書の添削をしていただきました。面接の当日に、D&Iの方が一緒に近くまで来ていただいて心強かったです。

面接の際、工夫していたことはどのようなことですか?

―接客のお仕事で働いていた経験もあるため、明るく対応することを心掛けていました。
 また、外資系の医療分野なので難しい専門用語もありましたが、事前に調べて面接に臨みました。特に、自分が応募した部署に関してはしっかりと理解して面接で答えられるように対策しました。

パレクセル・インターナショナル株式会社を志望した理由を教えてください。

 自分が障がいを患っていることもあり、また、友人にも精神障がいで薬によって助けられた経験がある人たちが周りにいたので、人を助ける薬や医療に関わるお仕事をしたいと思ったからです。

仕事内容について教えてください。

 開発事務のポジションで働いています。
 具体的な業務としては、重要書類のPDF化とデータベースへの保管、書類のコピーやファイリング、各種リスト入力や管理、請求書や伝票の対応をしています。
 お仕事では、書類の記載内容のチェックをしている時が一番楽しいです。

初任給では何を買いましたか?

 オフィスへ着ていくビジネスカジュアルの洋服です。次のお給料では、低反発のクッションを買いたいと思っています。

働いていて嬉しかったことは何ですか?

 一緒に働いている方々が、優しく接してくれることです。
 週1回業務日報でメンターの方からノートにコメントを書いていただけるのですが、そのコメントに励まされて頑張ろうという気持ちになります。
 また、普段は会う機会がないのですが、面接の時に対応していただいた人事部の方がその後も偶然出会った際に声をかけてくれ、仕事の状況を気にかけていただいています。
 仕事をしていて困っているときに、さっと声をかけて教えてくれる人たちと働ける環境にとても感謝しています。

今後チャレンジしてみたいことは何ですか?

 医療関係の知識を付けていきたいです。
 パレクセル・インターナショナル株式会社では、社内で開催している勉強会や自主学習できるe-Learningなど研修がしっかりしているので、活用してお仕事に活かしていきたいと思います。

//INTERVIEW 2014.9.2//

→パレクセル・インターナショナル株式会社の企業インタビューはこちら

編集者の一言

 原因もわからず中途で心臓に障害を持ちましたが、障害を受け止め、手探りの状況で就職活動を始めた彼女。

 インタビューでもおっしゃっているように、パソコンのスキルはどの企業に就職するにも必要だろうと取り組んでいらっしゃいました。
 訓練の講師からは、「彼女は、はきはきとしていて、パソコンの職業訓練でも周りの雰囲気を明るくしてくれるような存在でした。私が全体に投げかけたことに対してもすぐに反応してくれ、メモを必死にとって教えたことを忠実に実践しようとしていました。」という声を聴いております。

 パレクセル・インターナショナル株式会社様では教育・研修の仕組みが整っているので、これからお仕事内容が増えたり、専門的な知識がつくのがとても楽しみですね!(広瀬)


インタビュー一覧へ