BABナビ(バブナビ)|就職・転職成功者の声vol.1(高次脳機能障害)

『どんな仕事も今まで経験したことがない仕事ばかり。覚えながら自身の成長にもつながっているのが分かります』

Y.Yさん/24歳/男性
障害名:身体障害 高次脳機能障害

障害について教えてください。

 20歳の時、交通事故で脳挫傷となり、リハビリを1年行いましたが、長期記憶が困難な高次脳機能障害を伴うことになりました。

D&Iを知ったきっかけを教えてください。

 障害を持つまではアルバイトで清掃作業をしていましたが、前職だと事故の危険性が高まったので、事務関連の仕事がしたいと思い、障害者の職業訓練を無料でD&Iが実施していることを知り応募しました。

職業訓練はいかがでしたか?

 障害を気にせず、仲間もできて楽しく通うことができました。また、事務スキルについても全体の授業だけでなく個別にも見てくれてしっかりと身につけることができました。

転職で重要視していたことはありましたか?

 自分の障害が記憶に関係するので、1日も欠かさず転職活動中もパソコンを使って忘れないように練習していました。自己PRについても面接を繰り返す中で修正しながらD&Iの方と一緒に考えていきました。

面接時に工夫したことはありますか?

 障害特性上、自己PRを忘れてしまうことがありました。その際、忘れるくらいなら事前に紙にまとめて相手にしっかりと伝えるようにと工夫をしたことで落ち着いて話ができました。

D&Iの転職サポートはいかがでしたか?

 1年近く転職活動をしていたので諦めかけていましたが、求人を紹介していただき、どんな細かいことにも色々とサポート頂けたので諦めずに活動ができました。

現在の会社・仕事内容について教えてください。

 ゲームアプリ会社で総務関係の業務をしています。
 具体的には、上司の業務サポートや社内の方々が仕事をしやすい環境をつくる仕事です。

仕事のやりがいについて教えてください。

 どんな仕事も今まで経験したことがない仕事ばかりなので、覚えながら自身の成長にもつながっているのが分かります。色んな部署に赴くことが多く、部署の方々に仲良くしてもらっているので楽しく仕事ができています。

就職・転職活動している方へ一言コメントお願いします!

 一人で活動するよりもBABナビ転職サポートなど、相談やアドバイスができる環境で活動した方がスムーズに転職ができると思います。応援しています!

//INTERVIEW 2014.8.29//

編集者の一言

 働き始めて1年弱。
 出会った頃は社会人経験がなく、面接も何度も通過しなかったYさん。
 今は自分の仕事に誇りを持ち、前向きに社会人生活を楽しんでいる様子です。
 職場の六本木もすっかり自身のテリトリーとなり、駅までの近道も教えてくれました。

 当時と変わらないのは、そのまっすぐでさわやかな笑顔。
 今の会社にはYさんの良さがぴったりとあっていたのだと思うし、選考で落ち続けても前向きに、そして笑顔で努力してきたからこそ、そのような会社とも出会えたのだと思います。
 今後のYさんの更なる活躍を祈っています。(小林)


インタビュー一覧へ