BABナビ(バブナビ)|活躍されている障害者インタビューvol.04(脳性麻痺)

『面接では、素直な自分を出す事が大切だと思います』

女性
障害:身体障害 視覚障害

講座ではどのようなことを学ばれましたか?また、お仕事に活かされた具体例があれば教えてください。

★以前は、D&Iのビジネススクールの講座を受講していただきました。

 ビジネスソーシャルスキル講座を受講しました。
 講座では、数人でのディスカッションを始め、基本のビジネスマナー(例:挨拶、名刺交換)、どのようなメールの書き方をすればいいかについてや、5W1Hの確認の仕方等について学びました。
 会社においても、普段の会話で気をつけること、FAXのやり方、資料の作り方、電子メールを打つ等、講座で事前に勉強することで安心して仕事が出来ました。

※5W1H:
Who(誰が)、 What(何を)、 When(いつ) 、Where(どこで)、 Why(なぜ)のそれぞれの頭文字をとった5Wに、How(どのように)の1Hを加えたもの。
物事を計画的に進める際、あるいは物事を正確に伝える際に用いられる確認事項として活用する。

現在の仕事内容について教えてください。

 主に、郵便物の仕分け、封筒、配送の際の送り状の補充、お客様用の飲み物の補充、電話対応などのお仕事を行っています。

仕事のやりがいを教えてください。

 基本的に、日常での雑務が主ですが、毎日、足りなくないかの補充のチェックをしたり、何か相手のお役に立てた時にありがとうと言っていただけたりするのは仕事をするうえでやりがい、喜びに繋がっています。
 誰にでも出来る事かも知れませんが、仕事を行っていく中で仕事に対する姿勢、作業をする時の自分なりのペース配分を学ぶことができました。

職場での働く環境はいかがでしょうか?

 目に障害があるので、パソコンで文章を読む際、音声ソフトを使用していただいています。
 職場での周りの人達は、皆さん優しくしていただき、とても有り難いです。この職場で働けて良かったと感じています。

働くうえで大切にしていることは何ですか?

 何か仕事の依頼があった際、出来るだけ最優先で行なうよう心掛けています。また、何事にも、お礼と謝罪をきちんとするようにしています。

転職活動している方へ一言コメントお願いします!

 面接では、素直な自分を出す事が大切だと思います。転職活動は大変だと思いますが、応援しています。頑張ってください。

//INTERVIEW 2014.11.4//

編集者の一言

 弊社運営のビジネススクール<BABスクール>卒業後、無事就職を終えられました。

 ビジネススクールで学んだことを実際のお仕事で活用されていますね。
 また、現在の職場で働くことに満足されていることをお伺いできとても嬉しく思いました!

 就職活動においても、お仕事に対する姿勢においても、実直さが素敵ですね。
 お忙しい中でのインタビューにご協力いただき、ありがとうございました。(広瀬)