BABナビ(バブナビ)|Vol.7〜株式会社エスコアール〜

エスコアール様は、障害児・者用の関連書籍の出版販売、および支援のための教材・機材などの販売を行っています。特に、障がい者の方ご本人が執筆された書籍等の販売にも力を入れています。

今回は、取締役 鈴木 敏子様 にエスコアール様での障がい者雇用の取り組みについてお伺いしました。

障害をお持ちの方の雇用状況について教えて下さい。

聴覚、精神、身体の障害をお持ちの方がいます。社内勤務が大半ですが、在宅でも1名の方が働いています。
弊社では、もともと障害をお持ちの方を中心に経営を進めていきたいという想いを強く持っています。これからも、優先的に障害をお持ちの方を雇い、人数を増やしていきたいと考えております。

在宅勤務の方は、どのような働き方をされていますか?

業務としては、Webサイトの構築、管理など運営全般を行っていただいています。弊社のサイトだけでなく、委託されたものも含めて4つのサイトを担当していただいています。
 身体障害をお持ちの方で、会社が家から遠く通勤が難しいため、在宅勤務をされています。働いているご本人は、「身体の負担が非常に少ないので、とても働きやすい」とおっしゃっています。全面的なリニューアルの際は忙しくなりますが、月1回のみ社内で会議を行い、適宜電話でやりとりを行うなどして、社内のITに詳しいものと連携して業務を行っています。毎日社内で顔を合わせることがなくても、何も問題なく「戦力」として働いてくださっていますので、大変助かっています。

障がい者雇用に関して、採用後に工夫されていることはありますか?

入ってすぐに固定業務を任せるのではなく、2年間の間、まずは様々な仕事をやってみてもらっています。どういった仕事がその方に向いているのか、何が得意なのかを長いスパンで見ることで、最終的には本人のご意向にも沿い最適な仕事に就いていただく流れを設けています。

社内での支援体制はありますか?

入社後に1対1でジョブコーチの担当がつきます。周囲の社員や上司には言いにくい悩みごとなどでも、すぐに相談できるようになっています。社内への理解も十分進んでおり、社員全員に対してご自身の障害に関する情報をできるだけ開示することで、長く、働きやすい環境を目指しています。
社員の中には10年以上勤務されている方もいて、定着率がとても高い状況です。

最後に、BABナビをご利用の皆様へメッセージをお願いいたします

障害を持っている方でも、他より何かが劣る、という気持ちではなく、自分は○○が得意だ!という自信をお持ちになり、前向きに進むことが大事です。企業の皆様には、障害そのものではなくご本人に目を向けていただき、最初の1名からまずは雇用してみようというお気持ちを持っていただければと思います。