技術関連職・事務系職種

株式会社神戸製鋼所

(正社員採用)技術関連職・事務系職種

技術関連職・事務系職種

【技術関連職】
生産・製造技術
生産・製造オペレーション
機械・電子機器設計
品質管理・生産管理・メンテナンス
建築土木設計・測量・積算
研究開発

【事務系職種】
一般事務・営業事務
人事・総務・購買
経理・財務
法務・知的財産・特許
宣伝・広報・企画・マーケティング
事務サポート

私たち神戸製鋼は、社員一人ひとりを尊重した、活力のある明るい職場作りを目指しています。
現在、約200名の障がいをもった社員が、様々な職場・職種で活躍しています。
神戸製鋼では、チャレンジ精神旺盛な方を求めています。
ご応募お待ちしています!

募集要項
事業所名 株式会社神戸製鋼所 
募集職種 技術関連職・事務系職種 
勤務地 【募集事業所】
東京本社:東京都品川区
真岡製造所:栃木県真岡市
加古川製鉄所:兵庫県加古川市
長府製造所:山口県下関市
通勤手当 通勤手当あり 
給与・昇給・賞与・手当など 初任給/2019年4月実績
月給17万円〜
※入社時の年齢等によって異なります。

昇給:年1回(4月)
賞与:年2回(6月、12月) 
勤務時間 9:00〜17:30
フレックスタイム制あり
コアタイム11:00~15:30

※勤務時間とコアタイムは事業所によって異なります。

※時間外勤務の発生程度は配属先により異なります。配慮が必要な場合はお申し出ください。 
試用期間・契約期間・正社員登用制度の説明など 試用期間:2ヶ月以内
※条件変動なし

基本的には正社員雇用ですが、嘱託社員から正社員化させていただく場合があります。 
応募資格 高卒以上で、障害者手帳をお持ちの方 
雇用形態 正社員 / 嘱託社員(社員登用あり) 
福利厚生 保険:健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険
制度:社員持株会・財形貯蓄
カフェテリアプラン(年間8.5万円相当の補助)
グループ保険・住宅融資
施設:社宅・寮・スポーツ施設・保養所 
休日休暇 年間休日119日
年次有給休暇(初年度20日)※入社日によって異なります。
慶弔休暇・福祉休暇(失効年休の積立制度) 
追記・補足 Q. 仕事の内容について詳しく教えてください。
A. 人事、総務、経理、購買、生産管理、品質管理、生産技術、営業アシスタント等として、電話応対や会議資料の作成、企画提案資料の作成、旅費精算や経費支払いといった業務などを担当いただきます。

Q. 勤務先はどのように決まるのでしょうか。
A. 本人の希望や適性、居住地などと、会社のニーズを照らし合わせ、総合的に判断します。原則、転居を伴う異動はなく、採用事業所で専門性を高め、エキスパートを目指していただきます。

Q. 定期的な通院が必要です。配慮していただくことは可能でしょうか。
A. フレックスタイム制や在宅勤務日制度(8回/月まで)、有給休暇といった制度を活用することにより、定期的な通院をすることは可能です。 
求人の特徴 上下肢体幹視覚聴覚言語/そしゃく内部障害その他通院の配慮可能フレックス・時差出勤あり機器・ソフトウェアの相談可能産業医の配置あり休憩室・健康管理室などあり透析への配慮がある障がい社員の平均勤続3年以上教育・研修制度が充実福利厚生に自信あり未経験可在宅・テレワーク勤務可新卒ハローワーク求人以外 
選考内容 BABナビからエントリー→書類選考→筆記試験・適正検査→面接(2〜3回)

※エントリー後、2週間をめどに書類選考合格者のみにご連絡いたします。 
掲載期間 2019/12/22 - 2020/05/14
企業情報
企業名 株式会社神戸製鋼所  
本社所在地 兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通2-2-4 
事業内容 鉄鋼関連事業、溶接関連事業、アルミ・銅関連事業、機械関連事業、エンジニアリング関連事業 
業種 メーカー 
設立年 1911年 
代表者 代表取締役社長 山口 貢 
上場・非上場 東証1部 
従業員数 単体 11,401人(2019年3月31日現在、出向者を除く) 
資本金 250900百万円 
企業メッセージ 神戸製鋼は「鉄鋼」「溶接」「アルミ・銅」「機械」「エンジニアリング」等の広範な分野で技術、ノウハウを駆使して多彩な事業活動を展開しています。
神戸製鋼では社員一人ひとりが多種多様な価値観を共有し、誇りと意欲を持って日々の仕事をやり遂げることをめざしています。
グローバルに展開する神戸製鋼の信頼に貢献できる人材でありたいと日々努力できる方からのご応募、お待ちしております。 
配慮事項・求人の特徴 車いすの使用可能 車いす用トイレあり 自動車通勤可能 通院の配慮可能 階段・廊下などの手すり設置あり 産業医の配置あり 休憩室・健康管理室などあり 福利厚生に自信あり 

この求人情報を見た人はこれも見ている