パスワードを忘れた方はこちらをクリック

新規登録はこちらをクリック

履歴書のポイント

■履歴書の記載ルール

・鉛筆ではなく、ボールペンを使用する
・年月日表記の「年」表記を和暦・西暦いずれかに統一する
・氏名にふりがな(フリガナ)をふる
・略称・略記(㈱など)は用いない 
・写真は履歴書規定サイズの証明書用写真を使用する
・学歴・職歴欄の最後に、「以上」をつける
・塗りつぶし、二重線、修正液、修正テープによる訂正をしない
・「特に無し」や空白を多用しない


■各項目

1. 学歴
学歴欄は、高等学校以降が自身の最終学歴の場合、入学年次と卒業年次を記入します。
※最終学歴が中学校の場合は卒業年次のみ記入
転職の場合、学歴よりも職歴が重要視されるため、職歴欄の記載事項が多い場合は、最終学歴の記載を優先し、中学校の卒業年次などを省略しても構いません。

2. 職歴
・作業所経験の書き方
作業所での就業内容については詳細かつ具体的に記入することが重要です。労働経験があることは、応募企業に対するアピールになります。また記入する際に、自身の労働経験が、募集している業務の中でどのように活かせるか、企業側がイメージしやすいよう記載を工夫することが重要です。
・アルバイト、パートの書き方
アルバイト、パートで勤務してきたことを明確にしましょう。
また経験数が多い場合は、応募職種に関連するものを優先して書きましょう。
・派遣社員としての勤務の書き方
派遣会社と派遣先企業を明記して、何社派遣社員として勤務し、それぞれの現場でどのような業務を行ってきたのかを明記しましょう。

3. 志望動機
志望動機を記入する欄はスペースが限られている場合があります。
記入欄がある場合には下記のポイントに絞って記入します。
①なぜその会社に応募したか
②自分の活かせる経験や知識は何か
③自分はその会社で何を実現したいか
④上記の②と③が、どのようにして会社の成長に貢献できるのか
※自己分析の結果を利用して、簡潔に記載しましょう。

4. 免許・資格
免許・資格欄は、業務に関連の深いものを優先して書きましょう。
まだ取得していない資格でも、「勉強中」として記載することで、業務に対する意欲や積極性のアピールになります。

5. 趣味・特技
趣味・特技欄は、箇条書きに一言加えるだけで好印象を与えることができます。具体的に記入することで、人となりが志望企業に伝わりやすくなります。
例)
×英語
○英会話(3年前から英会話スクールに通っており、日常会話程度は話すことが出来ます)

6. 本人希望欄
希望欄は、勤務にあたって必要最低限の条件を書く欄だと考えましょう。
例)
通院のために、月1回、第4金曜日は16時に退社させて頂くことを希望します。
※障がいの影響で業務に支障をきたす可能性がある場合はその旨も伝えておきましょう。

7. その他記入事項について
・給与
先方が求人内容に、高給与を提示している時以外は、希望給与に触れないほうが無難でしょう。
例)
×希望給与30万以上
○御社規定に準じます、あるいは何も書かない

・希望職種
複数の職種を募集している場合は、応募職種を明記しましょう。
例)
× (空欄)
○ 人事アシスタント

無料の会員登録をする

ページの最上部に戻るボタン