パスワードを忘れた方はこちらをクリック

新規登録はこちらをクリック

入社までの準備

内定してから入社までの間に、入社後の準備をきちんとやっておきましょう。
下記のポイントは最低限、押さえておくべきものになります。


1. ビジネスマナーを身につける

新卒入社は社会人として知らないことが多いのはもちろんのこと、仕事をするうえで必要な専門知識もありません。転職で企業に入社する経験者であっても、現場で必要なスキルをすべて持ち合わせているとは限りません。そんな中で、現場に配属された人が現場に馴染み、評価を得るためのポイントがビジネスマナーです。ビジネスマンが大前提として身に着けておくべきマナーや、どこの現場に行っても行うビジネス作法について理解をしておき、初歩的な指導を現場の先輩にさせない心がけが大切です。


2. パソコンの使い方

プライベートでパソコンを利用している人は多いですが、仕事としてのパソコンツールを使う機会は少ないです。ワードやエクセルといったどこの現場でも使う機能について知識をつけておくことは、入社後の作業効率に影響してきます。積極的に、これらのツールに関する知識をつけておきましょう。
転職者は、新しい仕事で必要となるスキルがあれば、入社前に身につけておくようにしましょう。


3. 企業の情報収集

入社予定の企業について、再度念入りに調べておきましょう。
入社してから自分が直接関わる職種のことや、配属予定の部署の扱う事業など、事前に知っているか否かで、入社してから教わる知識の理解度が変わってきます。職種の知識は営業、マーケティング、人事、総務等のノウハウ本が多く出版されているので、それらを参考に身に着けておくことで、現場の人もつい忘れがちな基本ルールを得た状態で入社することができます。
また、入社予定の企業だけでなく、社会情勢や業界動向ニュースにも意識的に目を通すようにしておきましょう。

無料の会員登録をする

ページの最上部に戻るボタン