パスワードを忘れた方はこちらをクリック

新規登録はこちらをクリック

名刺交換

ビジネスの現場において自己紹介は重要なイベントです。特にお客様に対して行う場合は注意が必要です。最も代表的な自己紹介方法である「名刺交換」は、ビジネスシーンにおいて大事なツールになります。名刺交換におけるマナーはしっかりとマスターしておきましょう。


■基本的な名刺交換の仕方

1.すぐに名刺を取り出せるよう、名刺入れを手元に用意しておきましょう。
目下あるいは訪問者の方から相手に近づき、先に名刺を出します。

2. 名刺を片手で持ち、もう片方を添えながら、相手に正面を向けて差し出します。
このとき社名・部署名・フルネームを名乗ります。この時、相手が差し出した名刺の高さよりも低い位置で差し出すことで、謙虚さを表すことができます。

3. お互いに同時に名刺を差し出している場合は、お互い右手で差出し、左手で受け取ります。受け取ったら、すぐに右手を添えるようにします。相手の名刺を受け取ったら、「頂戴いたします。よろしくお願いいたします」と答えます。名刺交換の際に会話を交わす時も、基本的に名刺は胸より上の高さでキープしてください。

4. 受け取った名刺は、すぐに名刺入れにしまわず、名刺入れの上に併せて持ち、テーブルがある応接室などの場合は、椅子に座った後にテーブルの上に名刺入れ、名刺の順に積み重ねておきます。テーブルに置いた名刺を名刺入れにしまう動作は、打ち合わせや商談がそろそろ終わるという時の合図になります。


■名刺交換の注意点 ・・・ 失礼な行為

1. 名刺交換の際に先方を待たせる
「要領の悪さ」を相手に印象付けてしまうことになりますので、気をつけましょう。

2. 名刺交換を座ったまま行う
差し出された名刺を、席に座ったまま受け取るのは、横柄な印象を相手に与えてしまいますので、必ず立ち上がり名刺交換をしましょう。

3. 名刺入れをお尻のポケットから取り出す
自分の分身を尻にしく行為は、渡す先方にも大変失礼な行為に当たります。
また、相手にも「自分の名刺もお尻に敷かれるのでは」と思われ、不快な思いをさせてしまうことになります。

4. 相手の名刺を粗雑に扱う
交換をした名刺は、丁寧に扱いましょう。あくまでも交換をした名刺は相手自身だと考えましょう。


■名刺交換の順番
名刺交換の順番における大原則は「必ず上位者から交換を行う」であり、取引現場における自社、先方の会社どちらにも同じ原則にしたがって交換をします。

(例)
1. はじめに、自社の部長が先方の部長と名刺交換をします。

2. 続いて、自社の部長は先方の課長と名刺交換を、その間に自社の課長が先方の部長と名刺交換をします。

3. 自社の部長が先方の担当者と名刺交換をします。その間に自社の課長は先方の課長と、自分は先方の部長と名刺交換をします。

4. その後も、序列順に名刺交換をしていきます。従って、最後に名刺交換をするのは先方の担当者と自分になります。


■万が一、名刺を忘れた場合、名刺を切らしていた場合

1. まずは謝罪する
忘れた場合でも「名刺を切らしておりまして申し訳ございません。」と謝罪します。

2. 相手の名刺は頂く
自分の名刺がなくても相手の名刺は丁寧にもらいます。

3. 会社に戻ってから郵送
帰社後すぐに、お詫び状を添えて名刺を郵送しましょう。

無料の会員登録をする

ページの最上部に戻るボタン