パスワードを忘れた方はこちらをクリック

新規登録はこちらをクリック

挨拶

挨拶とは第一印象のキーポイント
人と接する場合、いかなるときでも挨拶があります。また、初めて会う人の印象を決定づける要因の一つは、ちゃんと挨拶ができているか否かです。

普段はなかなか意識できない挨拶ポイントは下記の3つです。


1. 自分から
挨拶マナーの基本は、「自分から先に挨拶する」です。
率先して挨拶する習慣をつけるだけで、面接や実際のビジネス現場での印象を見違えるほど良いものに変えることができます。

2. 挨拶は述べた後に礼をする
語先後礼(ごせんごれい)という言葉の通り、「ありがとうございます」と言い切った後で、お辞儀をするのが最も丁寧な挨拶です。最後まで相手の顔をしっかり見て、感謝の言葉を伝えることが、挨拶に込められた丁寧さを相手に印象付けます。

3. 動作は自然なスピードで
率先してお辞儀をした後で、頃合いを見計らって頭を上げてみたら、相手がまだ頭を下げていて、慌てるといった失敗はよく見られます。目上の方に向けた挨拶では、普段よりもゆっくり頭を上げることを想定し、そのゆっくりさが不自然にならない様、同じ程度の速さでお辞儀をすると、動作に違和感なく振る舞うことができます。また、挨拶マナーでは、「会釈」「敬礼」「最敬礼」と、それぞれおじぎの角度が異なる挨拶があるため、それぞれの角度を意識してお辞儀することが重要です。

無料の会員登録をする

ページの最上部に戻るボタン