パスワードを忘れた方はこちらをクリック

新規登録はこちらをクリック

約束を守る

仕事の現場には、お客様、上司、先輩、同僚、後輩、外部業者など様々な関係者がいます。いかなる現場においても、これらの関係者との間で大切なことは「信頼関係を築くこと」です。

ビジネスパーソンとして、信頼関係構築の大前提が『約束を守る』ということです。大小問わず約束事を確実に守ることで、「この人は信用できる」と感じてもらい、それを積み重ねていくことで成り立つのが信頼関係です。

例えば、お客様から資料を送って欲しいと言われた際、「○月○日○時頃、□□様宛に△△色の封筒に入れて資料をお送り致します」と伝えた場合には、それを必ず守りましょう。約束の日時を過ぎても資料が届かない場合、お客様が担当者に抱く印象は、「約束を守らない人」となり、延いては「あの企業の人間は信用できない」という印象にもつながりかねません。

遅刻や納期の延長も同様です。ビジネスパーソンは様々な人達と関わりを持ちながら日々の仕事を行うため、一人のミスが多くの関係者に影響することもあります。常に10分前行動や余裕あるスケジュール管理を心がけることが重要です。もし、約束の時間や納期に遅れてしまう時は、できるかぎり早い段階で報告し、関係者の時間を無駄にしないよう心がけましょう。

無料の会員登録をする

ページの最上部に戻るボタン