パスワードを忘れた方はこちらをクリック

新規登録はこちらをクリック

発達障害者支援法

発達障害者支援法とは平成16年の定められた法律で、
自閉症やアスペルガー症候群などを中心とした発達障害、学習障害、注意欠陥障害、多動性障害の方に対しての支援を定めた法律です。重度の方から軽度の方まで対象としている支援法となっています。

発達障害の特徴的な例は、年齢や発達に不釣り合いな行動があり日常生活や学習に支障をきたし、「この子はとても忘れやすい」「突発的に行動してしまう」など、小さい子どもなら誰でもみられるような行動とも言える為、その程度や頻度が並外れていても周囲に理解してもらえないことがあります。

発達障害者支援法とはそのような子どもたちを国として早めに早期発見して、そのお子様にあった発達支援を行うことによって苦手な部分を改善したり、得意な部分を伸ばすことが出来ます。

その為に専門の発達障害支援センターを各地に設立し、障害の早期診断から療育を行い、町や地域、国全体で支えられる仕組みを作ることで、家庭だけで抱え込まない療育の実現を目指す取り組みを行っています。

無料の会員登録をする

ページの最上部に戻るボタン