パスワードを忘れた方はこちらをクリック

新規登録はこちらをクリック

活動方法~在職中・離職後活動編~

企業様はこちら

支援機関様はこちら

活動方法~在職中・離職後活動編~

1. 退職後に転職活動する場合

◆メリット
・転職に必要な情報収集を行う時間が充分にとれる。
・転職活動のみに集中できるため、一日に複数の企業を訪問することができる。
・資格の取得など、新しいキャリア作りの為の勉強に時間を使える。

◆デメリット
・収入が途絶えるため、転職活動に必要な期間分の生活費を用意する必要がある。
・離職後の税金・年金・保険の手続きを自ら行う必要がある。
・「仕事がない」という状況下に長くいると、転職先に求める希望条件に妥協が生まれる。
・転職活動が長引くと、実務スキルが低下し、前職の経験が評価されにくくなる。


2. 現職中に活動する場合

◆メリット
・転職活動による収入の途切れがない。
・収入があるため、条件に関して譲歩せず希望条件に合う企業を探せる上に、不採用になっても生活に影響が出にくい。
・転職先が決まった状態で退職を申し出ることで、慰留を断りやすい。
・転職に伴う税金・年金・保険の手続きを会社側が行ってくれる。

◆デメリット
・業務の状況によっては求職活動が滞り、求人の見逃し等がおこる。
・使える時間が限られており、選考の日程調整が難しくなる。
・早期入社を望む応募先の場合、選考で不利となる。
・必要なスキルや資格の勉強にあてられる時間が少ない。

無料の会員登録をする

ページの最上部に戻るボタン