障害者雇用枠のお仕事をお探しの方の求人サイト|BABナビ(バブナビ)

ビジネスにおいて必要なスキル・ポイント

皆さんは、自分にとっての「就職」を考える際、このようなことで悩んだことはないですか?

・やりたいことがみつからない
・希望条件にマッチする企業がない。
・面接で上手く説明できない。
・配属された現場に馴染めない。
・マナーや社内ルールは聞きづらい。等

就職活動や職場における悩みの大部分は、社会人としての心構えやコミュニケーション、また社会でのマナーに起因するものです。
これらの悩みを解決し、自己実現に向けて踏み出すための3つのポイントをご紹介します。

1. ビジネスマインド

ビジネスマインドは仕事に対する姿勢と心構えのことです。 企業活動を維持するためには、社員が成長意欲を持ち、企業が掲げる目標を達成しようとする姿勢が必要です。また一個人としてだけではなく、組織としてチームで物事を推し進める機会が非常に多いため、常に仲間やお客様に対し、謙虚な姿勢をとりながらチームプレイに貢献する姿勢が必要となります。

2. ビジネスマナー

ビジネスマナーは仕事において、関係者同士が気持ちよく仕事するための決まり事です。細かな作法を全て覚える必要はありません。マナーについて迷った際は、「どうすれば相手に不快な思いをさせず、気持ちよく事が進められるか」という観点さえあれば、極端な間違いを防ぐことができます。

3. ビジネスコミュニケーション

ビジネスコミュニケーションとは、仕事をする上で必須となる、「聴く」「伝える」という2つの要素です。話を正確に聴かなければ、内容を把握できません。話を相手にきちんと伝えなければ、相手はあなたの話を理解してくれません。特に、仕事の現場では関係者も多く、扱う話題もとても複雑なものが多いため、正確に「聴き」「伝える」のは簡単ではありません。

職場で「聴く」「伝える」について気をつける7つのポイントを以下に記載します。

「聴く」
①相手の話を最後まで慎重に聴く。
②相槌を打つなどして、相手が話しやすいようにする。
③相手の話を復唱し、自身が把握した内容が合っているか確認する

「伝える」
①結論は最初に述べ、それから理由を話す
②省略語・指示語の多用や、友人同士や同世代にしか通じない言葉使いはしない。
③適切な敬語を使う
④相手の表情を見ながら話しのペースを変え、理解されるように工夫する。

転職・就職ノウハウ

障害をお持ちの方必見の就職・転職に必要なノウハウを公開中!
障害者採用の予備知識や、各種障害の基礎知識はもちろん、就職活動における重要なポイントや応募書類、面接などの選考突破テクニックを徹底分析!入社後に必要なビジネスマナーやビジネススキル、各業界のビジネス内容や動向についてもご紹介します。転職・就職における「欲しいノウハウ」をお届けします!

障害者採用に関する予備知識

障害者採用とは 障害者雇用促進法 障害者総合支援法 発達障害者支援法 障害者手帳 障害者手帳の取得方法~身体障害者手帳~ 障害者手帳の取得方法~療育手帳~ 障害者手帳の取得方法~精神障害者保健福祉手帳~

就職・転職活動「準備編」

就職活動の流れ 自己分析 ビジネスにおいて必要なスキル・ポイント 履歴書のポイント 職務経歴書のポイント 企業選びの見極め 会社の辞め方

就職・転職活動「選考編」

活動方法 ~利用媒体編~ 活動方法~在職中・離職後活動編~ 適正検査 企業研究 自己PR 面接時のポイント 面接質問集

就職・転職活動「入社編」

内定後の対応 入社までの準備 入社直後のポイント

ビジネスマナー

名刺交換 挨拶 身だしなみ 約束を守る 指示の受け方 報連相(ホウ・レン・ソウ)~報告編~ 報連相(ホウ・レン・ソウ)~連絡編~ 報連相(ホウ・レン・ソウ)~相談編~

運営元:株式会社D&I(ディーアンドアイ)