障害者採用とは | BABナビ(バブナビ)

障害者採用とは about

障害者採用(雇用)とは、法人(民間企業・自治体法人・行政法人)が身体・精神・知的障害の手帳を所持する求職者を雇用することを意味します。
法定雇用率という制度によって、従業員数の規模に応じて雇用数の義務が定められています。2023年時点の民間企業の法定雇用率は2.3%となっており、約43.5人あたりに1人の雇用が求めれます。

近年のコンプライアンスやCSR(企業の社会的責任)、ダイバーシティ(多様性の尊重)といった価値観の普及もあり、日本国内の障害者雇用数は増加傾向にあります。ただしまだまだ働きたくても働けてない障害者が多いことが課題となっており、今後も社会全体で取り組むことが期待されています。



※障害者採用(雇用)では「週に20時間以上の勤務ができる障害を持った人を雇用すること」を指します。
 そのため週に20時間未満の勤務しかできない人の雇用は障害者採用(雇用)の対象とはなりません。※2024年に一部の障害を対象に法改正予定

転職・就職ノウハウ

障害をお持ちの方必見の就職・転職に必要なノウハウを公開中!
障害者採用の予備知識や、各種障害の基礎知識はもちろん、就職活動における重要なポイントや応募書類、面接などの選考突破テクニックを徹底分析!入社後に必要なビジネスマナーやビジネススキル、各業界のビジネス内容や動向についてもご紹介します。転職・就職における「欲しいノウハウ」をお届けします!

障害者採用に関する予備知識

障害者採用とは 障害者雇用促進法 障害者総合支援法 発達障害者支援法 障害者手帳 障害者手帳の取得方法~身体障害者手帳~ 障害者手帳の取得方法~療育手帳~ 障害者手帳の取得方法~精神障害者保健福祉手帳~

就職・転職活動「準備編」

就職活動の流れ 自己分析 ビジネスにおいて必要なスキル・ポイント 履歴書のポイント 職務経歴書のポイント 企業選びの見極め 会社の辞め方

就職・転職活動「選考編」

活動方法 ~利用媒体編~ 活動方法~在職中・離職後活動編~ 適正検査 企業研究 自己PR 面接時のポイント 面接質問集

就職・転職活動「入社編」

内定後の対応 入社までの準備 入社直後のポイント

ビジネスマナー

名刺交換 挨拶 身だしなみ 約束を守る 指示の受け方 報連相(ホウ・レン・ソウ)~報告編~ 報連相(ホウ・レン・ソウ)~連絡編~ 報連相(ホウ・レン・ソウ)~相談編~

運営元:株式会社D&I(ディーアンドアイ)

 無料会員登録をする