障害者雇用枠のお仕事をお探しの方の求人サイト|BABナビ(バブナビ)

名刺交換

基本的な名刺交換の仕方

1.すぐに名刺を取り出せるよう、名刺入れを手元に用意しておきましょう。
 目下あるいは訪問者の方から相手に近づき、先に名刺を出します。

2. 名刺を片手で持ち、もう片方を添えながら、相手に正面を向けて差し出します。
 このとき社名・部署名・フルネームを名乗ります。
 この時、相手が差し出した名刺の高さよりも低い位置で差し出すことで、謙虚さを表すことができます。

3. お互いに同時に名刺を差し出している場合は、お互い右手で差出し、左手で受け取ります。
 受け取ったら、すぐに右手を添えるようにします。
 相手の名刺を受け取ったら、「頂戴いたします。よろしくお願いいたします」と答えます。
 名刺交換の際に会話を交わす時も、基本的に名刺は胸より上の高さでキープしてください。

4. 受け取った名刺は、すぐに名刺入れにしまわず、名刺入れの上に併せて持ち、テーブルがある応接室などの場合は、椅子に座った後にテーブルの上に名刺入れ、名刺の順に積み重ねておきます。
 テーブルに置いた名刺を名刺入れにしまう動作は、打ち合わせや商談がそろそろ終わるという時の合図になります。

名刺交換の注意点 ・・・ 失礼な行為

1. 名刺交換の際に先方を待たせる
 「要領の悪さ」を相手に印象付けてしまうことになりますので、気をつけましょう。

2. 名刺交換を座ったまま行う
 差し出された名刺を、席に座ったまま受け取るのは、横柄な印象を相手に与えてしまいますので、必ず立ち上がり名刺交換をしましょう。

3. 名刺入れをお尻のポケットから取り出す
 自分の分身を尻にしく行為は、渡す先方にも大変失礼な行為に当たります。
 また、相手にも「自分の名刺もお尻に敷かれるのでは」と思われ、不快な思いをさせてしまうことになります。
4. 相手の名刺を粗雑に扱う
 交換をした名刺は、丁寧に扱いましょう。
 あくまでも交換をした名刺は相手自身だと考えましょう。

名刺交換の順番

名刺交換の順番における大原則は「必ず上位者から交換を行う」であり、取引現場における自社、先方の会社どちらにも同じ原則にしたがって交換をします。

(例)
1. はじめに、自社の部長が先方の部長と名刺交換をします。

2. 続いて、自社の部長は先方の課長と名刺交換を、その間に自社の課長が先方の部長と名刺交換をします。

3. 自社の部長が先方の担当者と名刺交換をします。その間に自社の課長は先方の課長と、自分は先方の部長と名刺交換をします。

4. その後も、序列順に名刺交換をしていきます。従って、最後に名刺交換をするのは先方の担当者と自分になります。

万が一、名刺を忘れた場合、名刺を切らしていた場合

1. まずは謝罪する
 忘れた場合でも「名刺を切らしておりまして申し訳ございません。」と謝罪します。

2. 相手の名刺は頂く
 自分の名刺がなくても相手の名刺は丁寧にもらいます。

3. 会社に戻ってから郵送
 帰社後すぐに、お詫び状を添えて名刺を郵送しましょう。

転職・就職ノウハウ

障害をお持ちの方必見の就職・転職に必要なノウハウを公開中!
障害者採用の予備知識や、各種障害の基礎知識はもちろん、就職活動における重要なポイントや応募書類、面接などの選考突破テクニックを徹底分析!入社後に必要なビジネスマナーやビジネススキル、各業界のビジネス内容や動向についてもご紹介します。転職・就職における「欲しいノウハウ」をお届けします!

障害者採用に関する予備知識

障害者採用とは 障害者雇用促進法 障害者総合支援法 発達障害者支援法 障害者手帳 障害者手帳の取得方法~身体障害者手帳~ 障害者手帳の取得方法~療育手帳~ 障害者手帳の取得方法~精神障害者保健福祉手帳~

就職・転職活動「準備編」

就職活動の流れ 自己分析 ビジネスにおいて必要なスキル・ポイント 履歴書のポイント 職務経歴書のポイント 企業選びの見極め 会社の辞め方

就職・転職活動「選考編」

活動方法 ~利用媒体編~ 活動方法~在職中・離職後活動編~ 適正検査 企業研究 自己PR 面接時のポイント 面接質問集

就職・転職活動「入社編」

内定後の対応 入社までの準備 入社直後のポイント

ビジネスマナー

名刺交換 挨拶 身だしなみ 約束を守る 指示の受け方 報連相(ホウ・レン・ソウ)~報告編~ 報連相(ホウ・レン・ソウ)~連絡編~ 報連相(ホウ・レン・ソウ)~相談編~

運営元:株式会社D&I(ディーアンドアイ)