適性検査 | BABナビ(バブナビ)

適性検査 ~主な検査とその特徴~

適性検査とは

適正検査とは、企業が求職者の基礎スキルをチェックするために、選考のなかで実施するテストです。
テスト内容や過去の出題傾向を事前に調べた上で、対策をしてから臨むようにしましょう。

主な適性検査とその特徴

1. 一般常識(SPI)テスト

言語(国語)、非言語(数学)、時事問題(政治・経済・スポーツ・文化・国際情勢)等、出題内容が幅広く、事前の対策や、時事情報の収集が必要です。
最近では言語(国語力)に関するテストが多く出題されます。
※対策のために過去問集を使う際は、いくつもの問題集に手を出すのではなく、一つの問題集を最後まで、かつ繰り返しやるという方法が、限られた時間の中で対策を万全にする秘訣です。

2. 専門テスト

専門分野における最低限の知識やスキルがあるか、または専門的な思考ができているかなどが問われます。
専門職を募集している企業で実施されるケースが多いです。

3. 外国語テスト

グローバルに事業展開する企業では、英語に限らず中国語など多様な外国語のできる人物が求められる場合があります。
TOEICなど外国語系の資格がある場合は、取得点数をアピールするとともに、実務として何ができるレベルかまで説明できるようにしましょう。

4. PCテスト

企業によっては事務処理能力を判断するために、パソコンの実践を選考に取り入れる場合があります。
入力スピードや職務経歴書に記載されているスキルが本当に備わっているのか確認されることがあります。

転職・就職ノウハウ

障害をお持ちの方必見の就職・転職に必要なノウハウを公開中!
障害者採用の予備知識や、各種障害の基礎知識はもちろん、就職活動における重要なポイントや応募書類、面接などの選考突破テクニックを徹底分析!入社後に必要なビジネスマナーやビジネススキル、各業界のビジネス内容や動向についてもご紹介します。転職・就職における「欲しいノウハウ」をお届けします!

障害者採用に関する予備知識

障害者採用とは 障害者雇用促進法 障害者総合支援法 発達障害者支援法 障害者手帳 障害者手帳の取得方法~身体障害者手帳~ 障害者手帳の取得方法~療育手帳~ 障害者手帳の取得方法~精神障害者保健福祉手帳~

就職・転職活動「準備編」

就職活動の流れ 自己分析 ビジネスにおいて必要なスキル・ポイント 履歴書のポイント 職務経歴書のポイント 企業選びの見極め 会社の辞め方

就職・転職活動「選考編」

活動方法 ~利用媒体編~ 活動方法~在職中・離職後活動編~ 適正検査 企業研究 自己PR 面接時のポイント 面接質問集

就職・転職活動「入社編」

内定後の対応 入社までの準備 入社直後のポイント

ビジネスマナー

名刺交換 挨拶 身だしなみ 約束を守る 指示の受け方 報連相(ホウ・レン・ソウ)~報告編~ 報連相(ホウ・レン・ソウ)~連絡編~ 報連相(ホウ・レン・ソウ)~相談編~

運営元:株式会社D&I(ディーアンドアイ)